弁護士であれば一度は働いてみたいBIG5。

ダイレクトに転職するのは無理でも、その外郭をなす法律事務所などへの転職なら可能です。

■日本を代表するBIG5に転職することは不可能!?

法曹界におけるBIG5とは、日本を代表する法律事務所の5つを指しています。

所属弁護士数が圧倒的で、取り扱う案件も大きく多数にのぼります。

また事務所の内部は専門特化したグループ制になっているところが大半で、国内・海外の根幹をなすような案件を扱っています。

そのような法律事務所にダイレクトに転職することは、かなりキャリアを積んだ弁護士でもむずかしいと言わざるを得ません。

■BIG5のフィールドに転職してキャリアを深化させる。

ただしBIG5の外郭をなすような法律事務所に転職することは可能です。

BIG5との共同調査などを頻繁に行なうため、「BIG5のフィールドならではの企業法務案件に携われる」という醍醐味があります。

業務内容は、コーポレート、ガバナンス、ファイナンス、M&A、不動産など、大手企業の法務系業務の全般ということになります。

弁護士の転職求人サイトに載ることもあれば、ヘッドハンティングによる転職のケースもあります。

■弁護士の転職としてはかなりの難関であるBIG5系列へのトライ。

年俸としては高めですが、それなりのレベルは求められます。

BIG5系列への転職先は、東京都であれば千代田区大手町、大阪であれば北区など、都市部の中心地が大半です。

拠点が多数・多地域に及ぶため、転職面談に先立って勤務先の希望を絞り込んでおく必要があります。

年収は800万円 〜 1500万円(一例)と高めですが、求められるレベルやキャリアにはそれなりの厳しさがあります。

★今年7月スタートの弁護士を題材にしたドラマにも注目!・・・反町隆史、テレ東ドラマ初主演!弁護士役に意欲『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』