キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 松阪牛は栄養成分が豊富に含まれている : 期待の松阪牛

松阪牛は栄養成分が豊富に含まれている

期待の松阪牛

期待の松阪牛mainイメージ

私達の健康を保つ為に必要な栄養成分である良質タンパク質と不飽和脂肪酸は、松阪牛に豊富に含まれています。

松阪牛は栄養成分が豊富に含まれている

松阪牛など、牛肉に含まれる主成分は、水分が65~70%、タンパク質が20%、脂肪が10~15%、そしてビタミンや無機質などが1%と、食品の中でも、極めて栄養価の高い良質の食品なのです。

最も多く含まれている成分である水分は、栄養価はありませんが、水分が無ければ、私達の体組織は活動できませんから、細胞構造の維持や機能を果たす為に、欠かさない成分なのです。

水分の次に多く含まれているのが、タンパク質で、私達が正常な成長をし、生命を維持する為に不可欠である必須アミノ酸を多く含んでいる成分です。

タンパク質は、三大栄養素の1つでもあり、私達の血液、皮膚、筋肉、内臓、骨、毛髪、ホルモン等と、体重の5分の1に含まれています。

(関連情報)3大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質) [栄養管理] All About

松阪牛でも、その他の種類の牛でも、牛肉に含まれている脂質はすべて中性脂肪です。

ただ、同じ中性脂肪でも、牛の種類や血統、産地によって、脂肪が柔らかくなって溶け出す温度である融点が異なります。

融点が高い脂肪は、飽和脂肪酸が多く含まれている牛の脂肪で、逆に融点が低い脂肪は、不飽和脂肪酸が多く含まれている牛の脂肪です。

私達が食べた際に、舌触りがよくまろやかと感じるのは、不飽和脂肪酸が多く含まれている牛の脂肪で、これは松阪牛にも当てはまります。

脂肪と聞くとコレステロールを心配する人も多いかと思いますが、コレステロールにも細胞膜の成分やホルモン・胆汁酸の材料になるという大切な働きがあるのです。

また、不飽和脂肪酸には、血中コレステロールを下げる作用があるということがわかっています。

期待の松阪牛 Copyright www.eclosion.net.All Rights Reserved.