キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 松阪牛の肉質等級は4項目 : 期待の松阪牛

松阪牛の肉質等級は4項目

期待の松阪牛

期待の松阪牛mainイメージ

肉質等級「5」の松阪牛は、「霜降り」「色沢」「締まりときめ」、そして「脂肪の色沢と質」の4項目全てでランク5を獲得しています。

松阪牛の肉質等級は4項目

松阪牛の肉質等級が定められる際の項目は、「霜降り」「色沢」「締まりときめ」、そして「脂肪の色沢と質」の4項目です。

1項目目は、霜降り具合のレベル分で「脂肪交雑」と呼ばれており、ロースの芯部分にどれだけの脂肪分が蓄積されているのかから判断されます。

等級は5段階、そして、ビーフ(B)マーブリング(M)スタンダード(S)と呼ばれるBMSは、12段階に分かれています。

判定内容は、等級の高いものから「かなり多い」「やや多い」「標準」「やや少ない」「ほとんどない」となっています。

2項目目は、肉の色沢の判定で、ビーフ(B)カラー(C)スタンダード(S)と呼ばれるBSCが色を評価する基準となっています。

このBSCと光沢のバランスによって5段階の等級と7段階のBSCに分かれます。

判定内容は、等級の高いものから「かなり良い」「やや良い」「標準」「標準に順ずる」「劣る」となっています。

3項目目は、「締まりときめ」で、肉の保湿力、及び生地のきめ細かさが肉眼で判定されます。

4項目目は、「脂肪の色沢と質」で、ビーフ(B)ファット(F)スタンダード(S)と呼ばれるBFSが脂肪の色を評価する基準となっており、7段階にわかれれいます。

等級においては、両項目とも5段階に分かれており、判定内容は、2項目目と同様になっています。

この4項目の審査結果によって出される最終判断は、最も低いランクの項目のものが肉質等級になります。

ですから、肉質等級「5」を得ている松阪牛は、4項目全てでランク5を獲得したということなのです。

【check】http://www.jmi.or.jp/info/word/na/na_021.html

期待の松阪牛 Copyright www.eclosion.net.All Rights Reserved.